保険好きな国民性〜日本人の特性〜

PAGE

旅行に保険は必要

現代社会において私たちは様々な乗り物を利用します。
身近なところでは自転車やスクーター、車、バス、電車などでしょうか。
人によってはそれらを毎日組み合わせながら通学通勤しています。
ごく普通の日常生活を送っていてもトラブルや問題はあるものです。
時には大きな問題に巻き込まれることもあるかもしれません。
最近あったようにトンネルの天井が急に落ちてきたらどうでしょうか。
普通の人はそのような事態が生じることを予測することは出来ません。
1人の冒険家がロシアで車に引かれて亡くなったニュースもテレビで流れていました。
時と予見できないことは生じるものです。
それが、歩いているときなのか、乗り物を利用しているときかわかりません。
そのような社会ですから絶対的な安全というものはありません。
家に365日閉じこもるわけにもいきません。
家にいても安全とは限りません。
津波や火事が起きたらどうでしょうか。
ですから、万が一のことを考えて保険というものが成り立ちます。
日本人は保険が好きと言われますが、保険にもいろいろな種類があります。
その中の一つに旅行保険があります。
私も初めて飛行機に乗った時や、海外に旅行に行ったときに購入したことがあります。
誰しも一度は購入したことがあると思います。
考えてみますと、飛行機に乗るだけであれば、それほど必要ないかもしれません。
乗り物の中で一番事故が少ないのが飛行機だからです。
しかし、海外旅行になると変わってきます。
どこに何日ぐらい行くのかによっても違いますが、場合によっては必要かもしれません。
クレジットカードに海外旅行保険が付帯されているケースもありますので、そのようなカードを持っている人は事前に保障がどこまできくのか確認しておく必要があると思います。
三か月は大丈夫な場合が多いので、長期で旅行する場合は最低一枚持っておくといいかもしれません。
ツアーで添乗員がついているような場合は安心かもしれませんが、フリープランの場合は保険加入も考えてもいいでしょう。
私自身は旅行保険を利用したことがありませんが、友達はお世話になっていました。
友達は海外旅行のために新しいデジタルビデオカメラを購入していました。
友達も油断してしまったのですが、長距離バスに乗った時に、途中のパーキングに降りた時にカメラバックをバスに置いたままにしていました。
あとで気が付いたのですが、カメラが抜かれていました。
それまでに撮影した思い出も一緒に無くなってしまいました。
カメラの代金は旅行保険で戻ってきましたが、とても残念な経験でした。
保険は必要だと感じた瞬間でした。

Copyright 2014 保険好きな国民性〜日本人の特性〜 All Rights Reserved.